安心の税サポート

事務所の利用方法

最近の税理士事務所のトレンドについて

 大手税理士法人では、リーマンショック後に大量のリストラを行うほどに業績が悪化しました。景気回復が求められる中、アベノミクス、東京オリンピック開催決定等の効果もあり、業績は好転しました。  税理士事務所では、業績が好転したことにより深刻な人材不足に陥り始め、優秀な人材の確保に力をいれています。優秀な人材とは、試験に合格しているだけではなく、どのような実務経験を積んできたかが重要になります。  年代別にも求めている人材が異なってきます。例えば、20代から30代前半までの方々は、税理士試験3科目合格と英語力を中心とした語学力がある人を求めています。30代半ば以上の方々は、高い専門性やマネジメント力、営業力などを備えている方々を求めています。

サービスを利用する方法について

 税理士事務所のサービスを利用するためには、税理士事務所と顧問契約を結ぶ必要があります。税理士事務所は、小さな個人事務所から大手税理士法人までたくさんあるため、ニーズに応じて税理士事務所を選択していかなければなりません。  最近では、インターネットなどの普及により、インターネット上で税理士事務所のホームページなどから顧問先を選ぶことも増えています。  税務署に確定申告の無料相談に行くと、担当の税理士が相談にのってくれますので、税理士の対応などからその税理士に顧問をお願いするといった方法もあります。  ただ最終的には、税金や経営相談など、どんな些細なことでもきちんと相談にのってくれる税理士を選ぶ必要があります。

↑ PAGE TOP