安心の税サポート

仕事内容

税理士の具体的な仕事内容

税理士という存在を知っていても、実際にどんな仕事をしているのかわからない人もいると思います。 また、税理士が自分の生活にどう関わりを持っているのかもあまり認知されていません。 今回は税理士の具体的な仕事内容からお役立ち情報まで紹介します。 まず、税理士とは国が認めている税のスペシャリストです。 具体的な仕事内容は、税務代理、税務書類の作成、税務相談などです。 税務代理とは、確定申告や青色申告の申請や税務署に不服がある場合の申し立てを、本人に代わり行うことです。 税務書類の作成は、確定申告書や相続税申告書など税務署に提出する書類を本人に代わり作成します。 税務相談は、税金のことで困っている人、わからないことがある人の相談にのることです。

税務相談を上手に利用するメリット

本来、税理士は国民の生活を密接な関係にあります。 生活のパートナーとして信頼できる税理士と上手に付き合っていくことが大切です。 健康について主治医に相談するように、税について税理士に相談してください。 特に事前の相談が大事になります。 正しい税金の知識を得ることによるメリットはとても大きいと思います。 税金の払いもれを防ぐことや、税金を払いすぎていた場合、申請をすることによって還付うけることに繋がります。 自営業やフリーターの人にとって強いに味方になると思います。 税理士には、守秘義務というものがあり、職務で得た情報を他者に洩らすことが禁止されているので安心して相談してください。 納税は国民の義務です。 正しい知識を持ち、きちんと納税してください。

↑ PAGE TOP